アウルプロパティ代表 尾藤弘子の不動産情報

不動産

  1. 配偶者居住権のその先

    配偶者居住権について、円満相続税理士法人の美人税理士桑田先生より目から鱗のお話を聞きましたので、備忘録も含めてこちらに共有いたします。

    続きを読む
  2. キャップレートマップとは

    しばらく不動産業界を離れていたせいで知らなくて勉強になることが結構あります。法律も変わるので日々アップデートです。

    続きを読む
  3. 公簿面積と実測面積

    不動産の仕入れをしてきた私は、土地面積に関してはかなりシビアな対応で契約締結してきました。都内の土地は1坪1,000万円を超えるものもあり、誤差が価格にすると相当な額になることも理由の一つです。

    続きを読む
  4. 世界の地域再生@イタリア

    最近最も注目されている「分散宿」アルベルゴ・ディフーゾという過疎となった村を観光業で再生するためにつくられたイタリアの宿泊施設があります。単なる宿泊施設ではなく、地域の人と連携して、地域産業を再生しながら、地域の価値を高め、結果的に観光業へつなげるのが特徴です。

    続きを読む
  5. 減価償却を活用した節税

    オーナーさんは、節税をいかにするかで日々思考を巡らせ、アメリカの不動産に投資する方も増えているようです。しかしながら、最終的な売却益に対する税金や想定外に管理コストがかかり、あまりうまみがなかったという話も聞きます。

    続きを読む
  6. 売れない空き家はお寺に?

    亡くなった後の親の遺産を相続したけど「使わない」ということが、今後も増えてくるのではないでしょうか?売却できればいいですが売却できないとしたら、維持費がかかるので負担は家計に重くのしかかってしまいます。そのような場合に、お寺に寄贈するという方法があります。

    続きを読む
  7. セレンディピティ

    選挙のお手伝いを時々するのですが、先日たまたまある方の証紙貼りをご協力させていただいた際、公益社団法人パブリックソース財団理事長の久住剛さんとお会いしました。よくよくお話をお聞きすると大学も同じ、不動産を通じて社会貢献を既に実現させている方でした。

    続きを読む
  8. 賃貸経営に関する運営比率について

    以前からサラリーマン不動産のオーナー業が流行っていますが、一棟の収益不動産を購入する場合、どうしても表面の家賃収入に目が行きがちです。今回は、家賃収入から実際に支出を除いた手取りの収入はどの程度であれば適切なのか、目安となる運営費の比率についてお伝えします。

    続きを読む
  9. 業界横断のプラットホーム構築

    2018年10月に㈱LIFULL、㈱NTTデータ経営研究所、全保連㈱、㈱ゼンリンなど8社で発足した「ADRE(不動産情報コンソーシアム)」では、ブロックチェーン※技術を活用した不動産取引情報の共有化と、業務の効率化や円滑な不動産取引の実現に向けた活動をスタートしました。

    続きを読む
  10. 東日本大震災の教訓

    東日本大震災が起きてから8年目。当時、我が家は、計画停電の該当エリアになっていたのですが、駅と鉄道が近かった関係でなぜか計画停電を免れました。オムツも布おむつで逆浸透膜の浄水器が放射能要素を取り除くフィルターが入っていたため、慌てて紙おむつやお水を購入する惨事に巻き込まれることはありませんでした。

    続きを読む
ページ上部へ戻る