アウルプロパティ代表 尾藤弘子の不動産情報

不動産

  1. 住まいは第三の皮膚 健康になる家

    良質な家を求めて三千里。コロナの自粛により家に快適性を求める結果。価値観が大きく変った人たちが郊外の戸建を求めたり、実家に帰省しながら働くという選択肢を選び始めたようです。

    続きを読む
  2. おひさまと暮らす

    先日、都心でもオフグリッドハウスを実現されているとても素敵な新井かおり先生のご自宅にお伺いしました。おひさまを意識しながら日々暮らすことは不便ではなくむしろ贅沢であり、自然と共存できる生き方はとても素敵なことだと思いました。オフグリッドとは、電気を自給自足する暮らしです。

    続きを読む
  3. URのあっせん(紹介)制度について

    最近、礼金ゼロ・更新料ゼロ・仲介手数料ゼロ・敷金1カ月のUR物件が不動産業者のあっせん制度を設けていることを知って登録してみました。アウルプロパティが物件を探した場合において、借りる方はURの条件で借りられ、アウルプロパティはURのほうから仲介手数料をもらえるという仕組です。

    続きを読む
  4. コロナの影響 vol.3

    コロナの影響を受け、私の仕事自体も先送りになるケースがある一方、緊急で事務所探しや飲食店の経営者さまからのご相談にのることもでてまいりました。不動産事業を一人でスタートさせた理由それは、個人に寄り添い、不動産業界のイメージ改善をはかることでした。

    続きを読む
  5. ∞アウルプロパティの抱負∞

    今年は、不動産と建築の融合をテーマに動きます!大好きな木×デザイン×家で何かしたい!SDGsを意識しながら、いろんな人たちと楽しくお仕事できる年になるといいです。

    続きを読む
  6. 不動産のこれから

    先日、年に1回の法定講習に参加してきました。登壇者に、慶應義塾大学大学院、メディアデザイン研究科の教授岸博幸さんが招かれました。岸さんのお話の中で興味深かったのは、実は衰退産業である音楽業界もイノベーションで一部は盛り上がっているよねという話。

    続きを読む
  7. 大家さんびっくり!

    今回、アウルプロパティ初の管理物件”レジデンス旭”を任せていただき、久しぶりにAM(アセットマネージメント)とPM(プロパティマネジメント)の動きをしていますが、驚いたことに千葉の物件は通常の募集では、客付け側の不動産会社さんが動いてくれないことがわかりました!涙敷金、礼金は当然ゼロ、広告...

    続きを読む
  8. 不動産取得税が減額?

    不動産を購入するときに必ず支払わないといけない不動産取得税。実は、一定の要件を満たすことによって減額されます!面積要件が一番のポイントで50㎡以上~240㎡と床面積が決まっています。

    続きを読む
  9. 配偶者居住権のその先

    配偶者居住権について、円満相続税理士法人の美人税理士桑田先生より目から鱗のお話を聞きましたので、備忘録も含めてこちらに共有いたします。

    続きを読む
  10. キャップレートマップとは

    しばらく不動産業界を離れていたせいで知らなくて勉強になることが結構あります。法律も変わるので日々アップデートです。

    続きを読む
ページ上部へ戻る