アウルプロパティ代表 尾藤弘子の不動産情報

不動産購入

  1. 不動産取得税が減額?

    不動産を購入するときに必ず支払わないといけない不動産取得税。実は、一定の要件を満たすことによって減額されます!面積要件が一番のポイントで50㎡以上~240㎡と床面積が決まっています。

    続きを読む
  2. 住まいのパティシエ vol.5

    現在、新婚さんのお住まい探しをしています。お客さまの条件を聞いて物件を探し、お客さまが「これが見たい!」といった物件を基本、否定せず、見に行くようにしています。実際に内見しないと日当たり具合、天井高、間取りにはないオプション(造作家具、エコカラット等)、共用部分、住民の雰囲気等はわかりません。

    続きを読む
  3. キャップレートマップとは

    しばらく不動産業界を離れていたせいで知らなくて勉強になることが結構あります。法律も変わるので日々アップデートです。

    続きを読む
  4. 公簿面積と実測面積

    不動産の仕入れをしてきた私は、土地面積に関してはかなりシビアな対応で契約締結してきました。都内の土地は1坪1,000万円を超えるものもあり、誤差が価格にすると相当な額になることも理由の一つです。

    続きを読む
  5. 東京2020オリンピック・パラリンピック後

    東京2020オリンピック・パラリンピック後は、不動産価格が下落すると言われています。都心一極集中は、多様な働き方ができるようになり、永久に続く感じはしませんが、都心は情報が集中し仕事も遊びも便利なため、現状は、都心生活という人が多いいのではないでしょうか。

    続きを読む
  6. 消費が冷え込みませんように

    消費税10%の影響により、住宅関係の消費が冷え込まないようにエコポイントのような制度がまたできていました。制度設計の趣旨は、良質な長期優良住宅を促進することです。「環境」「安全・安心」「健康長寿・高齢者対応」「子育て支援・働き方改革」に関する住宅の新築とリフォームが対象になります。

    続きを読む
  7. 間取り変更に注意

    2018年4月より「安心R住宅」制度がスタートしました。「安心R住宅」は、下記①~③の要件を満たしているので安心ですよ。とお墨付きを与えるものです。中古住宅を促進させる背景は、新築の取引件数より中古の取引件数が上回っているため、購入後のトラブルを予防するための施策の一つであるとも言えます。

    続きを読む
  8. 実印はいつ必要?

    賃貸修行中の尾藤です。賃貸経歴20年以上の大ベテランの先輩を頼りながら日々動いています。怪しい賃貸業者を瞬時に見分けることは私にはできないのです。流石でございます!先輩に感謝です。

    続きを読む
  9. もし購入or借りた物件が瑕疵物件だったら?

    自分が購入したor借りた物件が、過去に自殺または他殺事件があったのにもかかわらず、説明を受けないまま住み続けて後から知った場合はどうなるのでしょうか?これに関しては、隠れたる瑕疵に該当すると言われてます。

    続きを読む
  10. 固都税について パートⅡ

    欲しい不動産が見つかり、実際購入する際に発生する固都税と登録免許税の計算方法をご案内いたします。通常、・毎年かかる固定資産税→固定資産税評価額×1.4%・毎年かかる都市計画税→固定資産税評価額×0.3%住宅用地の固都税は安くなりますので、固都税についてを参照してください。

    続きを読む
ページ上部へ戻る