アウルプロパティ代表 尾藤弘子の不動産情報

戸建

  1. 企業×大学=団地再生

    (株)東急不動産R&Dセンター(東京都港区、社長:星野浩明氏)は東京大学とともに、共同研究で大型団地「こま武蔵台団地」(埼玉県日高市)の再生をスタートします。 同団地は、1977年に東急不動産(株)が開発しました。

    続きを読む
  2. ここはどこ?タイムスリップできる街

    ある昼下がり、立川にある上砂町の戸建にお客さまをご案内しました。普段建物の外観から案内する物件がわかるのですが、どこもかしこも同じような平屋だらけ。タイムスリップしたようなアメリカンスタイルのお家ばかり。あると言われた場所に鍵がなくて焦っていたところ。

    続きを読む
  3. 建物状況調査のあり方

    以前のブログで特に中古の不動産を購入する場合、売主買主双方にメリットがある建物状況調査をオススメしました。中古戸建てに関しては基本的に居住目的の購入が多いため、雨漏りや主たる基礎部分に白アリがあとから発見された時に買主は困るので、調査は必ず行ったほうがいいと思います。

    続きを読む
  4. シェアハウス

    ここ最近、お客さまが運営予定のシェアハウス探しに忙しいです。シェアハウス可能な物件を都内で探そうとすると、個人のお客様が戸建てを賃貸に出されているケースが多く、当然ながら最初からシェアハウス不可!とされている物件が多いのです。

    続きを読む
  5. 空き家×シェアハウス

    住まいの選択肢として若い人たちの中でシェアハウスの抵抗がなくなってきていると聞きました。大手不動産も学生向けのシェアハウスに力をいれたり、なんだか私が学生時代にはない世界でキラキラしてて羨ましいと思います。私の友人がロンドンは家賃が高いからルームシェアでないとそもそも住めないと言っていました。

    続きを読む
  6. 空き家相続×節税

    空き家を相続した場合、下記①~④の要件を満たせば、譲渡所得より3,000万円特別控除されます。

    続きを読む
  7. 空き家活用

    空き家の総数はこの20年で1.8倍に増加し、用途変更による利活用が極めて重要だということで制度変更がありました。古民家をカフェに用途変更可能にしたり、空き家をグループホーム・保育所として新たなニーズ=他用途に変更しやすくするために建築規制の合理化が図られています。

    続きを読む
  8. エージェントの操り方

    現在、新しい住まい探しのお手伝いをしています。最初は値下がりしない、地盤の強固な場所で、豊島区・文京区・板橋区・新宿区あたりの中古の戸建で探していたのですが、やはり以前に住んでいたエリアがいいよねって話で今、順調に進んでいます。

    続きを読む
  9. 空き家問題

    Athomeのサイトで静岡県、片瀬城田駅3300m離れた場所に築44年、土地335㎡、建物74.52㎡、2DK、温泉付きで100円の戸建てが売りに出されています。所有者が維持するには大変だということで売りに出されました。

    続きを読む
ページ上部へ戻る