アウルプロパティ代表 尾藤弘子の不動産情報

コロナ

  1. 都心も地方も

    コロナの最中に長野県川上村の別荘が売却できました。以前から都心から離れて別荘暮らしを希望されていた買主さまでした。売主さまもオーダー建築でこだわった家を大切に使ってくださる方にという想いがあったので想いを紡ぐお取引になりました。

    続きを読む
  2. おたがいさまの世界に

    当たり前にエネルギーがあると感謝しなくなる。私ができることは、地球に優しい家を知ってもらい提供していくこと。その一つとして、自然エネルギーを意識したえねこやの湯浅先生の話をお聞きしてきました。

    続きを読む
  3. 住まいは第三の皮膚 健康になる家

    良質な家を求めて三千里。コロナの自粛により家に快適性を求める結果。価値観が大きく変った人たちが郊外の戸建を求めたり、実家に帰省しながら働くという選択肢を選び始めたようです。

    続きを読む
  4. 漏水トラブル 排水か?給水か?

    管理物件の漏水トラブルの立ち合いに行ってきました。漏水の現場をみることは初めてでとても勉強になりました。クッションフロアー(CF)が浮いているという報告を受けていたのですが、CFの下地が漏水で抜けて下まで貫通していました。まるでトラップ状態です。まずは、漏水箇所を特定します。

    続きを読む
  5. コロナの影響 vol.6

    どうやらコロナは私たちの価値観までも変えてしまったようです。三密を避けるためには人口密度が高い地域は逆にマイナスと考えられ、都心から離れつつある人がでてきているようです。

    続きを読む
  6. コロナの影響 vol.5

    コロナの感染者がいない岩手県にある古家付土地の売却依頼を受けました。もし、都心から離れて田舎暮らしを検討される方がいらっしゃったらお値打ちな物件です。冬は車で11分の距離に超路スキー場がありウィンタースポーツを満喫。

    続きを読む
  7. コロナの影響 vol.4

    コロナの影響で海外に住んでいる家族に会えず、日本に長期滞在をしている方。海外旅行専門会社のため半年準備した旅行企画が中止になってしまった方。飲食経営をされて、商売ができず困窮されている方。が私の周りにはいらっしゃいます。

    続きを読む
  8. コロナの影響 vol.3

    コロナの影響を受け、私の仕事自体も先送りになるケースがある一方、緊急で事務所探しや飲食店の経営者さまからのご相談にのることもでてまいりました。不動産事業を一人でスタートさせた理由それは、個人に寄り添い、不動産業界のイメージ改善をはかることでした。

    続きを読む
  9. コロナの影響 vol.2

    現在、地方の物件を3件売却依頼(長野県・新潟県・岩手県)を受けています。有難いことに、今までお問合せのなかった自然豊かで、瞬く星に囲まれた別荘が売却できそうです。人は時間ができると、本来自分がやりたかったことに時間を割けるのかもしれません。

    続きを読む
  10. コロナの影響

    私は、東銀座2分程度のLeague銀座にあるコラボオフィスを借りていまして、基本自宅から自転車でオフィスまで通っているため、満員電車に乗る必要もなく起業してからはずっとテレワークで働いてます。コロナの影響で働き方は変わりませんが、娘の学校が休校になった影響は強く受けました。

    続きを読む
ページ上部へ戻る