コラム

自然の脅威、人間の脅威

ラグビーワールドカップ、準々決勝
日本vs南アフリカ戦、残念ながら負けてしまいましたね。

最初から最後まで心臓が破裂するぐらい緊張の連続で、ラグビー選手の頑張りは多くの人に感動を巻き起こしてくれました。
被災した方々に元気を与えてくれたでしょう。
スポーツは世界をつなぎ、お互いの栄誉を称えあい素晴らしいです。

今回の台風19号は、全国7県、80人死亡、
47河川66か所が決壊。77河川が越水。
吉田川(宮城県)、阿武隈川(福島県)、矢代川(新潟県)、千曲川(長野県)、那珂川(茨城県)、秋山川(栃木県)、都幾川(埼玉県)が主な氾濫河川でした。
福島の阿武隈川は33年前の戦後最大の洪水を経験し、多額の費用をかけて作った防波堤も決壊し、甚大な被害がもたらされました。想定外の事態が今後も続くのでしょう。

自然の脅威に人間は勝てません。
故に人間の叡智を駆使しなければならない。

浸水した北陸新幹線の車両基地は想定できたはずなのに対策を講じなかったのは非常に残念です。

人命を優先するあまり、車両を避難させるマニュアルがなかったそうです。
なんとも太っ腹ですね。
某電力会社ならすべて消費者に負担を課しそうですが、どうなるか今後の料金が気になります。

関連記事

ページ上部へ戻る