民泊

  1. 農家民泊@石川県能登町

    石川県能登町にある一般社団法人「春蘭の里」は、空き家になった建築を活かしながら、農村の再生と地域の再活性化を目指している団体です。石川県の能登と新潟県の佐渡は、世界農業機関(FAO)が認定する世界農業遺産に日本で第一号の指定を受けた地域として有名になりました。

    続きを読む
  2. 減価償却を活用した節税

    オーナーさんは、節税をいかにするかで日々思考を巡らせ、アメリカの不動産に投資する方も増えているようです。しかしながら、最終的な売却益に対する税金や想定外に管理コストがかかり、あまりうまみがなかったという話も聞きます。

    続きを読む
  3. 賃貸借契約について

    3月は退去、入居が一番多い時期ですね。私もお客さまのために日々、探しております。賃貸借契約の定義をお伝えすると、あるものを一定期間使用させてもらい期間満了後、そのまま返してもらうことを言います。あるものに関しては又貸ししても収益あげてもいいとされています。

    続きを読む
  4. スペース活用×民泊

    2018年6月15日から民泊宿泊事業法が施行され、今まで無許可で営業していた人たちはルールに基づいて営業しないと難しくなり、年間の半分 180日間しか貸すことができず、投資用マンションなど明らかに民泊だけを目的とした住宅は対象外となりました。

    続きを読む
ページ上部へ戻る