アウルプロパティ代表 尾藤弘子の不動産情報

コラム

廃校リノベ×イエナプラン

長野県佐久穂町。人口10,000人程度のまちにUDS株式会社が、廃校をリノベーションし、「誰もが、豊かに、そして幸せに生きることのできる世界をつくる」を目的とするイエナプランをとりいれた学校を始めて開校しました。

まちの人にも開放される給食「学校ごはん」を提供する「大日向食堂」の運営も携わっています。

イエナプランとは、
オルタナティブ教育の一つで、一人ひとりの個性を尊重し、自分から学びにいくことを大切にする教育コンセプトです。オランダではイエナプランを採用している学校が220校以上もあるそうです。

イエナプランの特徴は4項目
1.異年齢の子どもたちが一緒に学ぶ「マルチエイジ」
2.子どもたちと教員が車座になって話し合う「サークル対話」
3.教科で区切らずに学ぶ「ワールドオリエンテーション」
4.自立学習の時間である「ブロックアワー」

初年度の児童募集の際、30名ほどの見込みに対して70名の応募があったそうです。

次年度以降も児童数が増えていくことを考えると、10,000人ほどの人口に対して、その4%にあたる、400名ほどの移住につながる取組になります。

「教育」を通じて人々、街が活気づく、地方活性化の好事例でした。

関連記事

ページ上部へ戻る